kasero-kasetのブログ

ゲーム関係

テイルズ オブ ベルセリア クリアした(途中からネタバレあり)

面白かった。

テイルズ好きな人はハマる
テイルズやったことない人は、テイルズのノリについていければ楽しめる

明確なロール

よく出来てるなぁ、と思ったのは、
キャラクターごとに明確なロール(役割)が割り当てられているところ。

「成長する役」、「この世界のルールや仕組みに疎い人(プレイヤー目線)」、「解説お兄さん」など。
おそらくロールを決めてから、キャラクターを作っていったんじゃないだろうか。
特にプレイヤー目線は個人的に大事だと思っていて、うまく処理しているのがFF10ティーダ
逆によくわかんないのが、ファルシのルシがパージでコクーン

その辺も含めて前半はゲーム作りの教科書のようだった。
流石プロ。

グラ

やる前は、ショボ...って思ってたけど、
実際やってみると、「あえてこのグラ(テクスチャ)なのかな」って感じだった。色鉛筆塗りみたいな。
特にこのゲームは感情の起伏が激しいので、そこがうまく表現できていて結果的によかったのでは。

ただ、グラというかメモリの節約なんだろうけど、近くに寄ると初めてオブジェクト(敵)がフェードインで出てくるのはやめてほしい。
アンチャ慣れしてると、今時これかよ...って気分になった。
たまに間に合ってなくていきなり目前に現れたりするし。

戦闘

戦闘は体験版から明らかだったけど、圧倒的に面白い。
次も期待できる。


以下ネタバレ

続きを読む

★ボドゲレビュー001 コロレット

昔書いたやつをちょっと改版。

f:id:kasero:20170122235304j:plain

写真は10周年記念版

概要

  • 2003年のドイツゲーム大賞ノミネート作品
  • メビウスゲームズによって日本語化されたカードゲーム
  • カードを集める
  • 3色まではプラス点で、それ以上集めるとマイナスになってしまう

プレイ人数

3~5人(3, 4人推奨)
5人だとほぼ確実に集める色がかぶるので、あまり高得点を狙えず爽快感に欠ける。

難易度

簡単

作者

Michael Schacht

レビュー

ルールの詳細は下の動画参照。

  1. 山札からめくって配置する
    or
  2. 列を回収する

やることは上記の2つのみ。
どちらかしか選択できない。

2つの2択ジレンマ

1つは上記の1, 2どちらの行動を選択するか。
2を選択した場合、そのラウンドはなにもできなくなってしまうため、後からいいカードが来たときに「あぁ~」ってなる。
かといって1を選択した後に、自分の手番が来るまでに欲しい列が残っている保証はない。

もう1つは、列の作り方。
列はすべて回収しなくてはいけないため、
・自分に有利なように列を作るか!?
・相手の邪魔をするように列を作るか!?
という2択を迫られることになる。

別ルール

得点計算方法は2種類ある。
通常得点計算は同色を集めれば集めるほど得点が高いが、裏得点計算は同色3枚がもっとも高得点になる。
個人的には通常ルールのほうが好き。
裏得点計算は疲れる。
やっぱり集めれば集めるほど得点が高くなるほうがやってて気持ちいいじゃん。

Coloretto コロレット 日本語版

Coloretto コロレット 日本語版

RockSmith 2014をやるときの注意(Steam)

適宜ここに書いていく。

  • サンプリングレートが96kHzだと認識しない(48kHzは認識した)

2016年の良きゲーム。

yukix先輩に影響を受けて。

2016年発売のもの、或いは2016年プレイした中で印象の強かったものをいくつか。
カッコはプレイした機種。
順不同。
(ここまでコピペ)

アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝(PS4)

これのためにPS4を買った。
期待していたし、期待を上回った。
最高。
全部リアルタイムレンダとか頭おかしい。

www.youtube.com

ペルソナ5(PS4)

あんまり期待してなかったけど、面白かった。
すごく頑張って作ったのが伝わってくる。
「これがJRPGですけど、何か?」ってくらいアンチャやFFとは違うベクトルを全力で突っ走ってる。

www.youtube.com

ペルソナ5 - PS4

ペルソナ5 - PS4

Rocket League(Steam)

実質2015年からやってるけど、たまにまだやるので。
プレイ時間381時間をたたき出している驚異のゲーム。
たぶん今まで生きてきた中で一番プレイしているかもしれない。

store.steampowered.com

あとがき

今年はアンチャの年ですよ。もうそれがすべて。
PSVRは移動を含むと酔いがきつい。
コンテンツの充実がPSVRの利点だったはずだが、現状充実してないのでつらい。というところもある。
2017年は今のところこれ買おうというのはないかなー。