オーシャンズ8を観た感想(ちょっとネタバレあり)

といっても観たの1カ月以上前なので、記憶を掘り起こしつつ。

まぁそのあとに見た映画が最悪だったから、今思えば結構面白い部類だったのでは。

で、なんで微妙だったかっていうと、起承転結の起が長い。
登場人物の数的にしょうがないのかもしれないけど、結局全員にスポットライト浴びせるとそれだけで時間食っちゃうんだよね。

あと、漫画的演出ではない。というところ。
ストーリーを進めつつピンチになって助けに来たぜ!ってやれば簡単にメリハリが出るんだけど、そもそもそういう映画じゃないから紹介がだらーっと続く。
例えるなら、ルパン三世で最初に全員キャラ紹介する感じ(しかも多い)。

ただ、言葉ではなくなるべく絵で見せようとしている努力は伝わってきたし、この脚本ではこの演出が最善だったのでは?
これ以上改善の余地はないという意味では、よくできてる映画だと思います。

ジュラシックワールド 炎の王国を観た感想(ネタばれありまくり)

書こうか迷ったけど、せっかくだから書いとくか、ということで。

ネタばれなしだと以下のような感じです。

ではなぜ「普通に」なのかという点についてこのブログで書いていこうと思います。

余談

Twitterとかだと最初の何文字か出てしまいそうなので、余談で文字数を埋めます。
前作は見ておいた方が感情移入できていいのかもなー、という感じでした(自分は見てない)。
あと、当初のアンチャ映画のネイト役はこのジュラシックワールドの人だったみたいですね。いや、ホントはまり役だと思いますよ。
https://www.gamespark.jp/article/2014/11/13/52978.html
余談終わり。

なぜ「普通に面白かったなのか」(以下ネタバレ)

話の持って行き方とか、テンポとかは特に非の打ちどころはなく良くできていると思いました。
ただ、テーマが受け入れ難かった。

いきなりネタバレですが、最後のほうで
「クローンにも命はある」
といって、恐竜たちを逃がしますが、これが理解しがたい。

命があることと殺してはいけないことは必ずしもイコールではない。と考えるからです。
それだけ聞くと「なんだコイツ、やべーな」と思うかもしれませんが、我々は命のある牛や豚を食して生きています。
「それとこれとは話が別でしょ」となるかもしれません。
そう、それとこれとは話が別です。
つまり、我々は殺してもいい線引きを命とは別のところでしているのです。
愛玩動物であったり、形状であったり、絶滅危惧であったり。
それを「クローンにも命はある」という言葉で片づけてしまうのはなんか違うんじゃないかなー、と。
その辺も含めて子供に言わせるという手を取っているのかもしれませんが。

以上のことから、映画としては面白いんだけど、個人的には刺さらなかったので普通に面白い。という感想です。
まぁ、続編で彼女の選択について語ってくれるでしょう、たぶん。

Xperia XZ Premium SO-04Jを2週間くらい使った感想

過去のスマホ経歴は
HTC Evo3D -> HTC J One(紫カメラ) -> HTC J Butterfly
だった気がする。
要は、初HTC以外のスマホ

いいところ

  • おサイフケータイ対応
    いいも悪いもこれ必須条件ですが。
  • 赤い
    これも必須条件
  • スペックが高い
    デレステの3Dリッチもぬるぬる。マーリン宝具も処理落ちしない。
    まぁSO-04Jじゃなくてもいいよね、って話ではあるけど。
  • テーマがいろいろある
    まぁないならないでいいよね、って話ではあるけど。
  • 指紋認証が電源ボタンにある
    これはよくできた発明だと思う。
    XZ2 premiumで背面にするとかいう暴挙してるけど。
  • デレステのスライドがやりやすくなった
    背面が滑りにくいのか、液晶が滑りやすいのか。両方かな。
  • バッテリーはそこそこ持つ
    過去使ってきたHTC機よりは持つ。

わるいところ

  • wi-fi不安定すぎ
    これが致命的。 正直今後Xperia買うのやめようかな、ってレベル。
    しかも表示上はつながっているふりをするのでたちが悪い。
    FGOとかloadingでも通信するっぽいので、通信死んでるのか、単純にロードに時間かかってるのかわからん。
    こうなった場合、一度機内モードにしてすぐ機内モードOFFにすると直る。
    何年前のスマホだよ。

まとめ

苦境のXperiaってことでちょっとニュースになってたけど、現在売れるスマホを作るのって相当難しい気がする。
自分は超ハイスペックぷりに特徴を見出したけど、普通にスマホ使う人はこんなスペックあっても多分意味ないし。
かといって開発止めるのはいろんな意味でかなりの損失だと思うので、まぁがんばってください。
とりあえずwi-fi直せ。

カセロさんの2017年を覚えてる範囲でざっくり振り返る

1~3月

4~6月

  • スマホを買い替える。
  • Vuzeの360度3Dカメラがやっと届く。
  • ↑の影響もあり、Windows 10にする。
  • デレステを始める。

7~9月

  • サバゲ。遠い。
  • グアムに行く。いまだに写真の整理してない。
  • Switchを買う。が、あんまりハマれず。
  • めっちゃ映画を観る。 kasero-kaset.hatenadiary.jp
  • デレステに課金する。
  • HTC Viveを買って、VR開発を始める。

10~12月

まとめ

デレステとVR開発と映画の年でした。

2017年の良きゲーム。

去年に引き続き。

kasero-kaset.hatenadiary.jp

が、特に2017年は該当するものなし。 それなりに面白いゲームはあったんだけど、去年のアンチャ4、ペルソナ5、ロケットリーグには劣る感じ。

一応、記事にしておかないと忘れたのかなかったのかわからないので書いておいた次第。

8月に見た映画まとめ

諸事情により、8月に映画を見まくったのでまとめておく。

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊

安定の面白さ。
つっても、過去作見たことないけど。
流石ディズニー、金あるなー。と感じた。

アンチャの映画もこんな感じで仕上げてほしい。

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

前回の記事の通り。
俺は凄い良かったと思うけどなー。

kasero-kaset.hatenadiary.jp

メアリと魔女の花

パイレーツ・オブ・カリビアンとか打ち上げ花火と比べちゃうとちょっと弱い。
面白いは面白いよ。
でも、そのうち日テレでテレビ放送やるだろうからそれでいいと思う。

スパイダーマン:ホームカミング

見終わった後は、「時間の無駄だったわ...」という感想だったが、
未来的なInterfaceは刺激受けた部分あるかも。(映画見れば言いたいことはなんとなくわかるはず)
まぁでも上映時間長いわ。

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?が想像以上に良かった(ネタバレなし)

半年ぶりにブログを書く気にさせるレベルでよかった。

いろんな人の考察を見ると
「あー、なるほど、そういう考え方もあるなー。でもあのシーンはどう説明するんだ?」とか新しい発見もある。
実際、私の考察も「それおかしいでしょ」って点、結構あるだろうし。

それぐらい見る人によって感じるものや感動するシーンが違う。
私は途中からすごく悲しくて泣いてたけど、
「いや、あの映画悲しいって頭大丈夫?」っていう人がいても全然おかしくない。
むしろ、まったく同じ感想を持つ人がいたらすごく仲良くなれると思う。

なので、前評判に踊らされず自分の目で見て、心で感じてほしい。
ちなみに帰りのエスカレーターで後ろにいた坊主の高校生くらいの子は「すげーつまんなかった」と言っていた。